クラウドと映像に特化したハード・ソフト・サービスを提供しています

sd_backup_bunner

SDカード → HDD 自動バックアップ装置 SRSDBK-816

sd_backup_system_1

SDカードに記録されたデータを自動でUSB外付けHDD内にバックアップする装置です。

  • 最大で16個のSDカードを同時かつ高速にバックアップ可能なため、大変効率の良いバックアップが可能です。
  • HDDへの記録速度:最大30GB/分の高速処理。
  • バックアップが完了したSDカードから取り外して別のSDカードを挿入すれば、連続してバックアップが行える非同期(Asynchronous)処理の仕様です。
  • SDカードに付けられた名前(ボリュームラベル)のフォルダを自動で作成して割り振るため、異なるSDカードの内容が混在する心配はありません。
  • PCは不要で、本装置が単独で動作するため、PCを利用することによるデータの改ざんや、コンピュータウィルスが混入する心配はありません。
  • 電源を入れたらボタンを押してカードを挿入するだけで自動でバックアップが行えますので、装置の扱いに慣れない方でも簡単に扱えます。
sd_backup_system_3

バックアップ元の例

sd_backup_system_4

ボリュームラベルごとに自動でフォルダ分けしますので、タクシーやトラックのドライブレコーダに利用するSDカードに車の番号やドライバー名の入ったボリュームラベルを付けることで、記録された映像を車両別に割り振ることが可能です。
また、監視カメラ等の録画機器に装着しているSDカードから定期的に録画映像のバックアップを行うのにも便利です。

バックアップ先のHDD

sd_backup_system_2

SDカードのデータは、装置に取り付けたUSB外付けHDD内にバックアップされます。
NTFS、FAT32、exFATの各種フォーマット形式のHDDに対応します。4TB等の大容量HDDも対応可能ですので、SDカード内に入りきらなくなる前に大容量のHDDにどんどん貯めこんでいく、といった用途にも利用可能です。

ドライブレコーダのバックアップ例

sd_backup_system_5

異なる車両に取り付けられているドライブレコーダ内のSDカードを、付けられている名称(ボリュームラベル)ごとにフォルダ分けされて、外付けHDDにバックアップされます。
上の画像の例では、ボリュームラベルが「山田」となっているSDカードの内容はフォルダ「山田」内に、ボリュームラベルが「佐藤」となっているSDカードの内容はフォルダ「佐藤」内に保存されます。

SRSDBK-816 仕様

寸法 (cm)

一般仕様
ポート数 SDポート x 16 、USBポート x 1
操作方式 スタンドアローン
言語対応 日本語、英語
ディスプレイ モノクロ LCD ディスプレイ  20 x 2文字表示
ステータス LED 各スロット毎に (赤/緑)LED 装備
操作ボタン 押しボタン ×4 (▲, ▼, OK, ESC) 
機能
コピー 16枚のSDカードをUSB外付けHDDにコピー
消去機能 クイック消去/フル消去
フォーマット機能 あり
SDカードチェック デバイス名/容量
読込デバイス(MicroSD/SD)
最大読込速度 各ポート:100MB/sec
対応規格 SD/SDHC/SDXC
対応容量 最大2TB
対応フォーマット FAT16/32、exFAT、NTFS
USBストレージ
最大書込速度 500MB/sec (バックアップするSDカードの数により速度が変ります)
対応容量 最大24TB
対応規格 USB1.1/2.0/3.0
対応フォーマット FAT16/32,exFAT , NTFS
ハードウェア仕様
電源 AC100V ~ 240V
温度 動作温度:5 ~ 45℃ 、 保管温度:-20 ~ 85℃
湿度 動作湿度:20 ~ 80% 、 保存湿度:5 ~ 95% (結露なきこと)
本体寸法 (mm) 245(W) x 355(D) x 217(H)
重さ (kg) 8.5
規格 FCC, CE, RoHS

ページ上部へ