はい、可能です。 コピーガードには、Vガード方式と簡易ガード方式という2種類の方法がございます。 Vガード方式とはマスターごとにライセンスを消費し、コピーガードを付与します。 簡易ガード方式では専用メディアを使用してコピーガードを付与します。

詳しいご説明をご希望の方、どちらの方式でコピーガードをかけたらいいのか判らないという方はお気軽にお問い合わせ下さい。