QNAPのTつきモデル(TVS-1282T←このT)はThunderbolt2に対応しており、Thunderbolt2のコネクタが2口あります。
MACのみの環境の場合、MACが3台以上あったら・・・Thunderbolt直結は2台までしかできません。
そんな時どうするか?
今回はその検証を行うべくServants international様より[ATTO社製 Thunderlink]をお借りいたしました。

ATTO社はThunderboltベースのコンバーターを多数ラインナップされており、かなかな有用なものが多くあります。
今回お借りしたThunderlinkはThunderbolt2を10GbE RJ45コネクタに変換するアイテムです。
コンバーターは大きくなりがちですがサイズも手頃です。

同時にRJ45-SFP+という接続を行うためにこちらもサーヴァンツインターナショナル様より、Mellanox Technologies社製SFP+1ポートカード[Mellanox MCA311]とProlabs[RJ45-SFP+変換コネクタ]をお借りし、検証してまいります。


SFP+、RJ45変換することど速度にどんな変化が現れるか?
Thunderbolt-RJ45変換でこちらもどのように変化するか?
追って紹介していく予定です。