Multi-Factor Authentication は、認証プロセスにおいてセキュリティレイヤーを加えるものです。ユーザーは、自分が知っていること (パスワードなど) と自分が持っているもの (ハードウェアやソフトウェアによって生成されたワンタイムパスワード (OTP) など) を提示することにより、自分がそのユーザー自身であることを証明する必要があります。