4K放送のロードマップ

4K/8K(スーパーハイビジョン)への取組と意義

放送のデジタル化が完了し、高精細なハイビジョン放送や双方向サービスが利用可能な高度なインフラが整備され、今後はそれらを活用したデジタルならではの新たな放送サービスの普及を進めていく段階にある。一方、既に、現在のハイビジョン(2K)の画面画素数(約200万画素)の4倍、16倍に相当する「4K」、「8K」と呼ばれる、より高精細な映像技術を活用した次世代の放送の実現に向けた取組が、我が国の放送関連産業の競争力強化を図ることを目的に、官民一体となって進められている。

総務省

4K問題点

 

4K関係記事

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA