1.ナレーション原稿の用意

まずは、ナレーション原稿を用意してください。ボイスダイレクトサービスは原稿文字数による料金設定となっておりますので、お見積時に原則として原稿を提出いただく必要があります。概算であれば自動見積フォームで確認可能です。お電話やメールでおおよその文字数をご連絡いただければ概算をお知らせいたします。原稿はWORDファイルでご用意ください。WORDが使用できない場合などにはテキストエディタソフト等でも大丈夫ですが、必ずテキストとしてコピーできる形式で(画像は不可)ご用意お願いいたします。
ナレーション用原稿の書き方はこちらのページもご参考になさってください。

2.ナレーター候補の選定と読み方イメージの検討

当社の登録ナレーターのサンプル音声を確認できるページをご用意しておりますので、そちらのページにて、収録を依頼したいナレーターを選定してください。ナレーターの指名は無料で行えます。

男性ナレーター

女性ナレーター

各ナレーターの紹介とともに数種類の読み方でサンプルを聞くことができ、各サンプル音声にはオーダーコードがふられていますので、指定の際にはそのオーダーコードをお知らせください。

3.料金の確認とご注文

原稿の用意が出来ましたら、フォームから依頼予定内容をお送りください。追って担当者よりお見積をメール添付にてお送りします。お見積は原則として当日にお送りします(夜間、土・日・祝日は翌営業日)が、遅くとも翌営業日内にはお送りしてますのでもし、お見積が到着しない場合にはその旨ご連絡ください。
通常料金での納期は5営業日以内となります。特にお急ぎの場合は3割増し料金にて3営業日以内の納品も可能な場合もありますので別途ご相談ください。価格等問題なければ、お送りしました見積に発注する旨を記載していただき、FAXまたはメールにてお送りください。ボイスダイレクトサービスは前入金にてお願いしておりますので見積記載の口座へご入金をお願いいたします。その際請求書の発行が必要であれば、担当までその旨ご連絡をお願いいたします。お急ぎの場合などはご入金後、ご連絡いただければその後の進捗がスムーズになります。
なおご依頼時のお願いとなりますが、可能な限り仮ナレーションのご提出をお願いいたします。仮ナレーションは、読みスピードや漢字の読み方、アクセントの確認などナレーターが収録を行うにあたり非常に有用なものとなります。これがないために再収録のリスクが増えることもあります。一般的な漢字や語句については、アクセント辞典などに沿って標準的な読み方ができますが、固有名詞の読み方や専門用語のアクセントなどについては、仮ナレーションが無いとほとんど正確に対応するのが困難な場合があります。そのような特殊な部分の読み直しは有償となってしまいますので、ぜひ仮ナレーションのご用意をお願いいたします。音質が悪くても読み方がうまくなくても上述の確認のためのものなので全く問題ありません。

4.ナレーション収録

お客様からのご入金確認後、ナレーターに収録を手配します。通常納期は5営業日となります。短納期納品オプション(3割増)を依頼している場合は3営業日以内の納品となります。納品までしばらくお待ちください。

5.ナレーション収録音声の納品

納品は、ネット経由にてダウンロードしていただく形となります。納品ファイルは特にご指定がない場合はwavファイルとなります。読み間違いなどがないかも含めご確認ください。読み間違いについては納品後1週間以内にご連絡ください。それ以降のご指摘につきましては有料となります。また納期のご案内については、初回の音声ファイルについてのものとなります。修正・追加等の再収録にはさらに納期が必要となりますので、確定期限のある案件については余裕を持ってご依頼ください。

6.ナレーション音声の修正、再収録

ナレーターに起因する読み間違いについては無償にて再収録し納品しております。お客様都合での原稿の追加・修正等については別途、修正料金が必要となりますので予めご了承ください。なお、宅録の性質上、細かなニュアンスの変更指示やイメージと異なるといった場合の修正も有償となってしまいますのでご注意ください。細かな指示やご希望がある場合には宅録ではなく、通常のスタジオ立ち合い収録のご依頼も可能ですのでこちらをご検討ください。

お気軽にお問い合わせください。0120-77-5609受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ