ライブ配信デモンストレーション視聴

ライブ配信とオンデマンド配信の双方のデメリットを減らしメリットを活かす疑似ライブ配信(ファイルベースのライブ配信)を動画マーケティングに活かしましょう。
疑似ライブ配信とは予め収録してある映像コンテンツをライブ形式で配信するシステムです。
コレによりライブにつきものの失敗やトラブルを予め配信するコンテンツ映像を作成することで回避。いつでも見られる、と放置されがちなオンデマンド配信のデメリットも回避。視聴もPC、MACだけでなくスマートフォンでも可能で決まった時間に視聴希望者に映像を届けることができます。

第二回デモンストレーション配信

前回の配信に続いてファイルベースのライブ配信(疑似ライブ)を行います。
今回のテーマ:ファイルベースのライブ配信を行うためのコンテンツ作成方法
そもそもコンテンツの作り方がわからない、編集ソフトを使うのは難しい、という方向けの編集ソフトいらずの作成方法になります。
使用するソフト:無償のライブ配信エンコードソフト「OBS Studio」です。このソフトを用いたコンテンツ制作を解説します。
着地点はPowerPointを軸に右下に講師をワイプで写したウェビナー動画です。

今後も様々なテーマで配信を行います。

AWS配信

AWSとは?
アマゾン ウェブ サービス (AWS) は、世界で最も包括的で広く採用されているクラウドプラットフォームです。

AWSのシステムを使用したライブ配信の視聴ページです。
プレイヤーを埋め込んであるのでどのブラウザからでも視聴することができます。
次回配信は 4月30日(金)17:00~
手軽なコンテンツの作成方法Vol.1です。



ライブ配信時間外は1分間、キャッシュ動画が再生されることがございます。
その場合、1分近くなったところでも動画時間が1:00から変化しません。
ライブ配信中は映像の先が読み込まれるので時間が延びていきます。

YouTube配信

Youtubeからもご覧になれます。

ライブ配信サービスの流れ


1.コンテンツが無い場合は最初に制作します
2.コンテンツファイルを提出し見積を依頼
3.料金のお見積→ご注文
4.配信告知用メールアドレス提出と配信日時の指定
5.配信告知メールを送信
6.ライブ配信(YouTube、AWS、Facebook、LINE)
7.アンケート依頼メール送信
8.閲覧者数やアンケート情報等各種レポートを提出

こういった配信を考えている、やってみたいなどのご依頼はお気軽にお問い合わせください。
お客様にやっていただくことはコンテンツファイル提出と配信日時の指定だけのシンプルなサービスです。
ご注文後、配信予定のアドレスをお知らせします。
コンテンツファイルが無いという方には、その制作のご依頼も可能です。
PowerPointとナレーションの合成コンテンツや動画マニュアルコンテンツ、講師とスライドのセミナーコンテンツなどさまざまな形式の動画コンテンツファイルの制作が可能ですのでご希望の方は制作サービスもご相談ください。

お問合せはこちらから>>