プレスは数量が多い場合におすすめで、販売されているDVDやCDのほとんどはプレスにより複製されたものとなります。盤面印刷がオフセットまたはシルク印刷で可能なため高品質で耐久性に優れます。データ保全性についても経年劣化が少なくコピーによる複製よりも優れています。一方コピーのメリットは少数の場合にプレスよりコストが少なくすむことと短納期納品が可能なことです。品質等については全てプレスによる複製よりも劣ります。

はい、可能です。配送用のクッション封筒等に入れて多数の納品先へ一括配送するサービスも行っています。

コピーやプレスのマスターデータにつきましては、お客様側で責任を持って制作していただく必要があります。弊社では中身のデータ内容のチェック等は行っておりませんので、不具合があるデータはそのまま複製されてしまいます。ただし、マスターディスクの読取エラー率のチェック等の基本的なチェックは行っています。

コピー元となるマスターデータ、盤面印刷データ(盤面印刷が必要な場合)、申込書となります。

前もって追加オーダー予定のためマスターデータの保管についてお知らせいただければ、工場にて一定期間保管します。プレスの場合は1年、コピーの場合は2ヶ月程度となります。その期間を過ぎると破棄してしまいますのでその場合は、再度マスターをお送りいただく必要があります。なお、追加オーダーのお申し出がない場合は、プレスの場合を除き、2週間以内に破棄します。

はい、あります。2枚組ケースをご選択ください。

基本料金は1回のオーダーに対して計上するものではなく、マスターの種類数によって計上されます。例えば3種類のマスターを各100枚コピーの場合は基本料金は数量「3」必要となります。

いいえ、盤面印刷データはIllustratorファイルでご支給いただく必要があります。印刷データを作成するためのテンプレートファイルをご用意しておりますのでそれにデータを入れこんでください。ただし、どうしてもIllustratorでの制作が難しい場合には代行制作も承っておりますのでご相談ください。

いいえ、クラウド入稿窓口を設けてますので、インターネット経由でご入稿いただくことも可能です。担当までお申し付けください。

Load More