プレスやコピーをした後配布する場合、メディアのみの状態で配布することはまずないでしょう。
一般的には、盤面(またはレーベル以下盤面)に印刷をしたり、ケースにセットしたり、印刷物を同封したりします。

まず、盤面印刷についてですが、盤面印刷にはいくつかの種類があります。
そのため、印刷の方式によって仕上がりやコストも異なります。
また、プレスとコピーで選択可能な印刷方法が異なります。

インクジェット印刷(コピーサービスで選択可能)
これは家庭用プリンタで代表的な印刷方式で、盤面プリントのできるプリンタも出回っていますのでみなさんも仕上がり具合についてはご存知の方は多いと思います。
業務用の高解像度で印刷できる専用機で行いますが、基本的な仕上がり具合は同様です。
湿気や摩擦に弱い面があり、長期間使われる場合や頻繁に使われる場合には向いていません。
一般的には大量複製のプレスで採用されることはなく、コピーで採用されることがほとんどです。
制限されるデザイン等は特にありませんが、デザインによって仕上がり具合が変わる可能性が あります。

例えば、黒や淡い色のベタ塗り、グラデーションなどです。
イメージしている仕上がり具合が気になる方は、発注する前に仕上がり具合の確認をお勧めします。
インクジェット方式は、湿度や温度により発色具合に多少の差が出る場合があるため実際の作業と確認時の色合いが若干異なる可能性があります。
また、小さいフォントサイズでの白抜き文字なども滲んでしまう可能性があります。
色味も安定させての印刷が難しいため、追加の場合など同じデータから印刷を行ったとしても色味が異なる場合があります。

印刷品質をどの程度こだわるかにもよりますが、販売目的などで印刷品質にこだわりたい場合は他の印刷方式をお勧めいたします。
コストは他の印刷方式と比べると大量では割高、少量では割安となります。

■ ウォーターシールド(コピーサービスのみで選択可能)
インクジェット印刷方式の一種で、特殊メディアを使用することによって湿気に強い光沢のあるものに仕上げることが可能です。
通常のインクジェット印刷よりも色味を安定して印刷することが出来ますが、特殊メディアを使用するので割高となります。

シルク印刷(プレスサービスで選択可能)
比較的単純なデザインやベタ塗りのデザインで採用され、高品質な仕上がりとなりますが、少量の場合には高コストとなるため大量のプレスで選択されます。
あえて特殊な効果を狙う場合を除き、グラデーションや画像などの印刷には向いていません。
下地を入れて 1~3 色を使うのが一般的で、国内のプレスでは DIC、海外のプレスでは Pantone の色指定が必要となります(通常下地を指定されない場合は銀面となります)。

■ オフセット印刷(プレスサービスで選択可能)
プレスを行う際の一般的な印刷方式です。
シルク印刷と異なり、画像やグラデーションもきれいに印刷できるオールマイティな印刷方法です。
ベタ塗りの質感はシルク印刷より若干劣りますが、色数に関係なく印刷することが可能です。

次にジャケット類の印刷についてですが、次のような印刷方法が選択できます。

■ オフセット印刷
盤面と同様に一般的にはこの印刷形式が選択されます。
どんなデザインでも対応可能で、高画質に仕上がります。
しかし、ベタ塗りの場合に色ムラが生じる可能性があります。
小枚数でも発注が可能で、高品質に仕上がるため主に商用印刷で使用されています。

■ オンデマンド印刷
オフセットより若干品質が劣りますが、見た目上の違いはほとんどありません。
オフセット印刷では高コストとなってしまうような少量の印刷の場合に選択されます。
オフセット印刷とレーザー印刷の中間あたりの印刷方式となります。レーザー印刷よりは高画質に仕上げることが出来ます。
オフセット印刷に出すほどの枚数はないが、高画質に仕上げたい場合にはこちらを選択してください。

■ レーザー印刷
コピーの場合のジャケット印刷で使われています。
どんなデザインでも印刷は可能ですが、オフセットと違い注意が必要となります。
盤面印刷のインクジェットより繊細なため、黒塗りや淡い色を使用してのベタ塗り、淡い色でのグラデーション、小さいフォントでの印刷などを苦手としています。
また、印刷時期によって同じデザインのものを印刷したとしても同じように印刷できるとは限りません。
デザインをされる際に気をつけて作成された方がよいでしょう。
品質を気にする方は他の印刷方式の検討もお勧めします。

次に盤面やジャケットの印刷デザインに関して注意しておくべきポイントをお伝えしようと思います。デザインを作成する場合、印刷方法によっていくつか注意しておかなければならない点があります。

まず、インクジェット印刷を予定している場合には次のことに気をつけましょう。
原則として広範囲のベタ塗りのデザインは避けたほうがよいです。
特に黒のベタ塗りは、仕上がりが悪くなる場合があります。スジが目立つなどあまりきれいに仕上がりません。
これは、インクジェット印刷の場合にはどんなよい印刷機を使っても避けることができません。
それを踏まえた上でどうしても広範囲のベタ塗りのデザインにしたい場合には、その他の印刷方式を検討することをお勧めします。

もう一点は、小さいフォントの中抜き文字の使用です。
文字の輪郭を濃い色にして中を白にするという文字装飾はよく使われますが、これを小さいフォントサイズでしてしまうとインクジェット印刷の場合きれいに仕上がりません。
周りの輪郭の色が中の白い部分ににじんでしまうことがよくあり、文字がよく判別できなくなってしまうことがあります。

シルク印刷を予定している場合に注意することしては、グラデーションや画像は使用しないということです。

原則としてベタ塗りやシンプルな文字列の単純なデザインになるようにします。
特殊な効果を狙ってあえてグラデーションや画像のデザインでシルク印刷をすることもありますが、そうでないならば避けた方がよいでしょう。

デザイン制作上制限が少ないのがオフセット印刷です。
印刷方式のことは気にせず自由にデザインしたい場合には、オフセット印刷を選んでおけば問題ありません。
ただ、制作仕様・予算等でオフセット印刷を選べない時のために下記のような注意点が必要です。

■ デザイン提出用のファイルの有無の確認
盤面やジャケットのデザインを制作する場合には、テンプレートのファイルが準備されているかどうか確認しましょう。
通常、プレス・コピーサービスを提供している会社では盤面やジャケットのデザイン提出用のテンプレートファイルを準備していることがほとんどです。
テンプレートが準備されている場合には、そのテンプレートに従いデザインを入れ込みます。
また、デザインを作成する際、ソフトの指定・ソフトのバージョン指定がされている場合もありますので制作前に確認しておきましょう。

■ 文字はアウトライン化する
文字のアウトライン化をせずにデザインデータを開いた場合、PC に該当のフォントが無い場合と代用のフォントが適用されてしまい本来のデザインで指定したフォントと異なってしまいます。
そのため、本来デザインしたデータ通りの印刷ができなくなってしまいます。
そのような問題を避けるために、文字はすべてアウトライン化し、PC にインストールされているフォントに依存しないようデータを作成します。
入稿するデザインデータには必須の作業となっています。

■ 画像の埋め込み/リンクを確認する
画像を使用している場合そのデータを埋め込みまたはリンクにしているかと思います。
データ量が軽いものでしたら埋め込みでもかまいませんが、重いようでしたらリンクをおすすめいたします。

デザインデータを開いた際に埋め込み失敗やリンク切れを確認しましよう。

■ オーバープリントのチェックをはずす ※Illustratorの属性パレットにてご確認できます。
ここがチェックされていると色が重なっている部分について Illustrator の画面上の色と実際に印刷される色が異なってしまいます。
ほとんどの場合、外れていることが多いのであまり気にする必要はありません。

■ アタリケイ(印刷可能範囲の枠線)は提出時に削除する
アタリケイが実線で残っていると印刷されてしまいます。提出前に削除してください。
その他、印刷に関する注意点はプレス・コピーサービス会社により異なります。
一般的には印刷デザイン作成に関する注意事項等のドキュメントが用意されていますのでそれらを参照するようにしてください。

デザインデータが完成したら提出となるわけですが、提出の際には出力サンプル(デザインデータを印刷したもの)を同時に求められる場合がほとんどです。
これは、何らかの理由で色が入れ替わってそのまま印刷されるのを防止するための確認用です。

その他には校正が必要かどうかですが、校正をする場合には、一般的に納期がその分長くなり、通常別料金が発生します。