プレスとコピーの違いについてはご存知の方も多いかもしれませんが、同じ複製でも両者には大きな違いがありますので、オーダーする前によく確認しておく必要があります。
DVDやCDの複製の依頼をする場合にはまずこの違いをよく理解した上でオーダーする必要があります。

プレスの特徴

プレスとは、マスターディスクのデータからスタンパーとよばれる金型を制作し、それを元にディスクを生産していく作成方法となります。
DVD-Rなどのメディアと比較した場合、再生互換性やデータ保持期間の長さ・強固さなど格段に高く高水準で安定した品質を保つ事ができます。
この時作成されるディスクの形式は「ROM」形式のディスクとなり、DVD-Rなどのブランクディスクにデータを書き込むメディアとは異なるメディアの種類となります。
高品質な盤面印刷能力や大量生産時のコストパフォーマンスの高さから、一般商流で最も生産されているディスクです。
プレスには、海外プレスと国内プレスの2種類がありプレス工場によって価格やディスク品質の違いが発生します。
また、海外プレスの場合は原産国表示が必須のためディスクの盤面デザインに「Made In ○○○ 」の表記が義務付けられています。

コピーの特徴

コピーとは、書き込み用のレーザーを使用して後追記型ディスクへ書込みを行う作成方式です。

一般流通などでも販売されている後追記型ディスクを使用していて、パソコンで行うブランクディスク(データが入っていないディスク)に書き込むコピーと同系統のものとなります。
業務用機材を使用した複製作業のため、パソコンで1枚づつ作成する場合と比較すると安定した書込み状態を維持することができるためディスクを受け取ったユーザー別に不具合が発生するようなリスクを軽減できます。
納期重視の案件や小ロットの案件に向いています。

以上のようにメディアの複製には、プレスとコピーという方式に違いがあるため、依頼する場合にはどちらがふさわしいのかよく検討してください。
よく分からない場合には、制作・使用目的などを担当へ伝えてアドバイスをもらうのもおすすめです。

  プレスサービス説明動画