Comstation VM

可搬性が高く持ち運びに便利、移動配信や配信代行サービスに最適。
コンパクトで設置が楽なため、会議室からのライブ配信ウェビナー配信にも。

Comstation VM2

コンパクトながらも処理能力が高めの凖可搬モデル。
社内からのウェビナー配信や、社内挨拶などの行事に向いています。

Comstation VM4

複数のカメラを直接入力可能。配信映像を収録・編集して2次コンテンツが制作可能。
業務用カメラや機材からHDMI 3G-SDI接続が可能。
処理能力が高い据え置きサイズモデルで、エフェクト、PinPなどの映像を重ねたレイアウトなども楽にこなします。

Comstation VM8

映像入力、処理性能ともに最高スペック。配信・収録・編集をより高画質で。
高負荷に対応できる高い処理能力を持つ据え置きモデル。
HDMIx4、12G-SDI入力など業務用機器との連携、編集ソフトを搭載することで録画、保存している配信送出映像ファイルをもとに新たな映像コンテンツを制作することが可能です。

クラウドスタジオ

リモートプロダクションは場所を選ばない制作が可能。 
インターネット環境があれば何処からでも中継映像をスタジオに投げることが可能なので大掛かりな設備、必要人員、移動・運搬コストの削減が期待できます